「レタス」の保存方法

常温 冷蔵 冷凍

レタスの保存方法

春から夏にかけて旬を迎える野菜、「レタス」の保存方法についてまとめてご紹介します。「レタス」の保存方法をお探しの方、参考にしてください。

「レタス」の保存方法について

一言にレタスと言っても、普通の丸型のタマレタスからサニーレタス、サラダ菜やサンチュなどもレタスの品種なので、とてもたくさんありますが、基本的に全てのレタスを新鮮な状態で食べたいなら、手に入れてすぐに食べるのが一番!

こんなことを言ってしまうと保存方法も何もあったもんじゃありませんが、レタスの茎のあたりからでる白い液体(ラクッコピコリン)が触れてしまったところから、だんだんとピンク色に変色していってしまうんです。

我が家もよく買ってきてなにも触っていないのに、数日でピンク色に変色しているのはこのラクッコピコリンの仕業だったんですねw。ラクッコピコリンが出ているのを見つけたら、すぐに拭き取ってなるべく葉の部分などにつかないようにすることが重要です。

もし保存している間に元気がなくなってしまった場合は、熱めのお湯にレタス全体をつけるとみずみずしさを取り戻すことができます。すぐに食べない場合は、水気をしっかり切ってキッチンペーパーなどでくるんでさらに保存バッグにいれて保存します。

レタスは生で食べる!と思いがちですが、意外に煮込み料理や炒め物などにも使えます。是非お試しあれ!

ページのトップへ
© 野菜の宅配レポ 2017. All rights reserved.