「チンゲン菜」の保存方法

常温 冷蔵 冷凍

チンゲン菜
チンゲン菜の旬は春と秋の年2回。年中価格が安定していて特に中華料理などに欠かせない野菜ですが、我が家はイマイチ上手く活用できておらず、勿体ないことこの上ない‥しっかり活用できるよう、チンゲン菜の保存方法などまとめました。

まずチンゲン菜は乾燥に弱い野菜。新鮮なうちに早く食べるのが一番ですが、湿らせたキッチンペーパーを株の根元にまいて、新聞紙でくるんで保存袋に入れて冷蔵保存すれば、2~3日は新鮮な状態が保てます。
チンゲン菜は冷凍しない方が美味しい野菜ですが、冷凍保存することもでき、冷凍保存する場合は、さっと下茹でしてラップにくるんで冷凍するか、水分を切って冷凍保存バッグなどに入れれば生のままでも冷凍可能なので、忙しいときなど利用できそうです。

チンゲン菜と言えば、あんかけやみそ汁程度しか活用できていない我が家ですが、サラダにも使えるですって^^さらに生春巻きの具材だと生のままつかるんだそうで!チンゲン菜の活躍の場が一気に広がる予感♪まだまだチンゲン菜アレンジレシピ探してみようと思います^^

参考文献「農家が教える野菜の収穫・保存・料理」

ページのトップへ
© 野菜の宅配レポ 2017. All rights reserved.