「キャベツ」の保存方法

常温 冷蔵 冷凍

キャベツの保存方法
春に旬を迎える生のままで柔らかい春キャベツと、冬に旬を迎える煮込み料理にもってこいの冬キャベツ。
収穫時期でおいしさが2度楽しめて、何せレシピも多いので、我が家にとっては無いと困ってしまう野菜かもしれません‥

そんなキャベツの保存方法ですが、冷蔵庫で丸のまま保存する場合、最近主流なのは、芯をくりぬいてくりぬいた部分に湿らせたキッチンペーパーを詰めて保存する方法です。
こうしておくと、芯の部分に葉の養分が流れてしまうのを防ぐことができるので、大体1~2週間程度保存することができます。

後、新聞紙でくるんだり、芯の部分に湿らせたキッチンペーパーを当てて、ラップをして保存しても1週間程度なら保存できます。

どの保存方法にも共通していえることは、乾燥させない!ということ。
本当は丸のまま保存するのが一番ですが、さすがに一気にキャベツまるごと使う場面は少ないと思うので、カットして保存する場合は、しっかりとラップで切り口を覆うようにして保存して、早めに使き切るようにします。

冷凍する場合は、さっと湯通しして、冷ましてラップをして冷蔵庫へ。
葉を1枚ずつ湯通し後にラップしておくと、解凍後すぐにロールキャベツなんかに使えて便利です^^

後、塩をまぶしてから冷凍保存すると、茹でたみたいに柔らかくなって、炒めものなんかにもさっと使えて便利です。

ページのトップへ
© 野菜の宅配レポ 2017. All rights reserved.