「ブロッコリー」の保存方法

常温 冷蔵 冷凍

ブロッコリー

秋から冬にかけて旬を迎える野菜「ブロッコリー」。
ご自宅の畑なのどで栽培されているなら、収穫後もわき芽がでてきて、1株でなが~く楽しるんだそう!
一株でも植えておくと便利でそうですね^^

そんなブロッコリーの保存方法ですが、宅配されてきた状態、または収穫したままの状態で保存すると、つぼみがふくらんできてしまうんだそう。。
なので、手に入れたらできるだけ早く、さっと下茹でして保存袋にいれて、
冷蔵庫、もしくは冷凍庫で保存するようにします。

ちなみに冷蔵保存だと2~3日、
冷凍保存だと1カ月程度保存可能なので、
すぐに使う予定がないときは冷凍保存しておくと、使いたいときすぐに使えて便利です。

あと、処分しがちなブロッコリーの茎の部分。
つぼみの部分と同じく、さっと下茹でした後、千切りしたり薄くスライスしたりして、つぼみと同じように冷凍しておけば、つぼみ部分と一緒に調理したり、
我が家ではブロッコリーのつぼみと茎の部分、別々に保存して、
つぼみ部分とは別に、
ブロッコリーの茎の部分とカニカマや人参と一緒にきんぴらにしていただいています^^

今日はちょっとおかずの品数が少ないかも‥
なんて時、さっと簡単調理できてとっても便利です。

ブロッコリーの茎の部分を処分しちゃってるようなら、是非お試しあれ!

ページのトップへ
© 野菜の宅配レポ 2017. All rights reserved.