「ピーマン」の保存方法

常温 冷蔵 冷凍

ピーマンの保存方法
暑い夏の定番野菜、ピーマン。
他の野菜よりも肉付きありカットが楽だし、レシピも豊富でつい買いだめしがちですが、
うっかりして冷蔵庫にそのまま放置‥の状態が続くと、せっかくのピーマンのハリがなくなり、しんなりしていることも度々。。
大慌てで使うなんてことがよくあるんですが、やっぱり新鮮な状態のピーマンの味が一番いいものです。
そんな「ピーマン」の保存方法について、調べてみました。
まず、おおよそ2週間程度であれば、冷蔵庫で冷蔵保存することができます。
よく洗って、水分をしっかりふきとって、ビニール袋や野菜の保存袋にいれてしっかりと口を閉じて保存しておくと、鮮度がしっかり保てます。
冷凍保存する場合は、種やワタをしっかり取り除いてから使いやすい大きさにカットしてラップをして保存袋に入れて冷凍庫で保存すると、大体1カ月程度保存可能です。
ちなみにピーマンってカットして使うのもいいですが、まるのまま使うと苦みが少なくなくなり、断然甘味が増します。
ピーマン嫌いを克服するには丸ごと使うほうがいいように思う程。
BBQや煮物なんかは、特にカットせずにまるのまま使うのがおすすめです。

緑のピーマンより熟した状態の赤いピーマンの方が苦みが少なく美味しいですが、中々スーパーでは高値の華で手が出ません‥
でも野菜の宅配サービスなら、赤いピーマンが手に入る確率も高くなるので、ちょっぴり得した気分です^^

ページのトップへ
© 野菜の宅配レポ 2017. All rights reserved.