「里芋」の保存方法

常温 冷蔵 冷凍

里芋の保存方法

秋から冬に旬を迎える里芋。
煮物に揚げ物に里芋独特のトロっとした優しい食感に癒されます^^
そんな里芋の保存方法ですが、
里芋は乾燥に弱いので、泥つきのものは洗わずに、泥がついたそのままの状態で、
新聞紙などで包んで涼しい季節は冷暗所で保存します。
里芋にとっての適温は10℃~25℃なので、
暑い夏場に保存する場合は、新聞紙などで包んでからポリ袋に入れ、
冷蔵庫の野菜室で保存するといいですね。
また冷凍保存しておくと思い立ったときにさっと使えてとっても便利!
皮をむいて、少し固めに加熱した後、水気を取って、ラップで包んで保存用の袋に
入れ、冷凍庫で保存すれば、カビも気にせずいつでも使えます。
ワンポイントしては、冷凍するとき、里芋同士がくっつかないように気を付けて冷凍すると、
後で分けて利用するときに、使いやすくなるのでお試しあれ^^

ページのトップへ
© 野菜の宅配レポ 2017. All rights reserved.