「舞茸」の保存方法

通販した舞茸の保存方法
常温 冷蔵 冷凍
バツ 三角 丸

舞茸を冷蔵で保存する場合

舞茸を冷蔵で保存する場合、舞茸は水気がついていると、早く傷んでしまうので、しっかりと水分をふきとってから、キッチンペーパーなどで包んでポリ袋などに入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。そのとき、密封してしまうと水滴がつきやすいので、少し口を開けた状態で保存するといいとのこと。ついポリ袋の口をしめてしまいがちですが、舞茸を冷蔵保存する場合は気を付けたいですね。

舞茸を冷凍で保存する場合

舞茸は、冷蔵保存よりは冷凍保存に向いている食材。長期間保存したい場合は、石づきを取って、小分けにしてラップで包み、保存用の袋に入れて、冷凍庫で保存します。調理の際は、自然解凍するか、凍ったまま調理することもできるので、とっても便利です^^

舞茸の保存方法まとめ

舞茸に限らず、きのこを美味しく長く保存する場合は冷蔵よりも冷凍の方がおすすめ。風味を損なうことなく欲しい時にさっと使えてとっても便利!舞茸単品ではもちろん、舞茸やエリンギ、しめじなどのきのこ類をミックスして冷凍するのも色々な料理に使えおすすめです。参考にしてみてくださいね!

ページのトップへ
© 野菜の宅配レポ 2017. All rights reserved.