「枝豆」の保存方法

通販した枝豆の保存方法
常温 冷蔵 冷凍
バツ 三角 三角

枝豆を冷蔵で保存する場合

あまりおすすめではないものの、枝豆を生の状態で保存する場合、濡れた新聞紙などに枝豆を包んでポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存すると、幾分マシな状態を保つことができます。

枝豆を冷凍で保存する場合

枝豆の食感は落ちてしまうものの、冷凍での保存することも可能です。枝豆を冷凍保存する場合は、少し固めに茹でた後、冷ましてから水気をしっかり切り、さやごとラップで包んで、フリーザーバックなどで密封してから冷凍庫で保存します。
解凍する時は、さっと短時間で、再度茹でていただきます。

枝豆の保存方法まとめ

夏のビールのお供に欠かせない枝豆。
野菜が苦手な子供でも、枝豆は好きって子、多いですよね^^
そんな枝豆を保存するには、手に入れてからできるだけ早いうちに調理してしまうことがポイントなんです。
調理しないで、そのままの状態で置いておくと、枝豆自身が糖分を分解してしまうので、糖度が低下してしまい、栄養や風味が損なわれてしまうんだそう。
枝豆に関しては、どんな保存方法をする場合でも同じです。
とは言え、さっと茹でるだけで1品になり、さやからだしても、色々料理に使えるしで、枝豆ってホント美味しくて有り難い野菜ですね!助かります(笑)。

ページのトップへ
© 野菜の宅配レポ 2017. All rights reserved.