「きゅうり」の保存方法

通販したきゅうりの保存方法
常温 冷蔵 冷凍
三角 丸 丸

きゅうりを冷蔵保存する場合

きゅうりは寒い季節なら冷暗所での保存も可能ですが、基本的に通販して届くのはきゅうりが旬の夏場ですよね?
きゅうりは、室温が16度以上ある場合は、冷蔵庫の野菜室で保存するのがいいとのこと。ただ、庫内の温度を10前後に設定しておかないと、5度以下になるときゅうりの実が溶けてきてしまうんだとか?!注意したいですね。
冷蔵保存するには、まずきゅうりを、乾燥しないようにラップで包む、もしくは、ポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で”きゅうりのヘタの部分を上にして、立てた状態”で保存します。
面倒だからって、そのまま野菜室に置いておくなんて論外ですね‥反省です‥
ただ、きゅうりは水にも弱いので、ポリ袋などを密封してしまうと結露が発生してしまって、傷んでしまう原因になるので、袋の口は閉じず、保存する時点で表面が濡れている場合はキッチンペーパーなどでふきとっておくといいとのこと。
きちんとしておけば4~5日程度なら、新鮮な状態を保てるとのこと。少しでも長く新鮮さなきゅうりを味わうためにも、しっかりと実践したいものです。

きゅうりを冷凍保存する場合

きゅうりを冷凍保存する場合は、薄くスライスして水気を切って、小分けしてラップで包んで、フリーザーバックなどで密封してから冷凍庫すると、酢の物やポテトサラダなどに便利です。

きゅうりの保存方法まとめ

ついうっかり冷蔵庫で入れっぱなしにして、いざ食べようと思うとしなってまっている我が家のきゅうり。きゅうりはやっぱり、みずみずしさが命なので、ちゃんと保存していつでも美味しい状態で出せるようにしたいですね。
後、きゅうりを2~3日程天日干しにして、水分を抜いて保存するとうまみが凝縮されて美味しいとのこと。普段のきゅうりとちょっと違った献立が楽しめそうなので、我が家も今年はチャレンジしてみます。
クックパッドには、きゅうりを1本ずつキッチンペーパーでくるんで、ラップする方法が紹介されていました。こちらもチャレンジしてみたいです。良かったら参考にしてみてくださいね!
クックパッドのきゅうりの保存方法はこちら

ページのトップへ
© 野菜の宅配レポ 2017. All rights reserved.